HOME

 
OSAMU SEKI “La vie est belle”

“La vie est belle”
OSAMU SEKI

皆さまありがとうございました! 

 

拙訳、ジル・ピュドロフスキ著
『ピュドロさん、美食批評家はいったい何の役に立つんですか?』(新泉社)の
発刊及び出版記念パーティーのお礼

 

 去る2019年6月28日(金)午後7時より、表参道「un café アンカフェ」にて行われました拙訳の出版記念パーティーはおかげ様で盛会のうちに終えることが出来ました。ご出席下さった皆さま、またスタッフ、関係者の皆様には心からお礼申し上げる次第です・・・

 
 
 
 

関修翻訳の本が出版。

 

 
 


NEWS

これまでの ニュースリスト

BLOG

関修のトポスアクティブ(最新)

これまでのブログ記事


 OSAMU SEKI EVENT

これまでの イベント情報リスト

 

WINE SALON

ワインワイン

Osamu Seki Wine Salon

当サロンは、少人数で不定期の定期で開催。ワインと関 修を囲んで、楽しくコミュニケート! ワインを通して人との出会いから、プライベート・ビジネスなどでも「繋がる」機会の創成。当サイトのコンセプト「批判=批評(critique)文化の確立」にも触れていければと・・・。
 

 

次回のワイン会のお知らせ!

第五回 関修HP開設一周年記念ワイン会

 昨年、開設記念のワイン会を盛況のうちに終えました後、その場で来年も一周年は同じ場所でということになりました。
 会場となりました神泉の「ビストロ・パルタジェ」は隠れ家的なお洒落なビストロで、シェフの野本将吾さんはバケット以外全部自分で作ってしまうというくらい料理に対して探求心があり、シャルキュトリーはじめどの料理も美味しく、ワイン会以来通われている方もいらっしゃると聞いております。
 
日時:827日(火) 19:00(開場:645分)〜21:30(予定)
会費:6,000円(お釣りのないようご配慮いただければ幸いです。)
   ワインを持参していただける方、大歓迎です。
定員 30
場所:Bistro Partager (ビストロ パルタジェ)
   東京都渋谷区神泉7-14 オザワビル 1F
   https://bistropartager.com/
   Map
 

第五回ワイン会詳細はこちら▶︎


 


WINE SALON 2019/3/6 REPORT

関修ワインサロン 第三回 ワイン会
「ビストロノミとフランスワインのマリアージュ」のご報告です。

 今年最初のワイン会、 関修ワインサロン 第三回ワイン会は 36日に代々木上原「ロカヴォール」にて行なわれました。貸し切り十二名限定。パリのお店を思わせる素敵な雰囲気の中、素晴らしいお料理とおいしいワインを堪能いたしました。
 
 
 

BOOKS

関 修 著書他関 修 著書他

関 修の著書、編著、翻訳

著書 :『SMAPとは何か?―国民的偶像(アイドル)の終焉―』ほか
編著 :『イケメンホストを読み解く6つのキーワード』ほか
翻訳 : オクサラ、『フーコーをどう読むか』ほか


FASHION

maison de Fのデザイナー高橋颯人氏maison de Fのデザイナー高橋颯人氏

maison de F のデザイナー高橋颯人氏

服と人体との間の空気、空間をデザインし、人物そのものが映えるユニセックスのアイテムを展開するmaison de F。
友人の彼は先日の歌舞伎町ブックセンターのイベントにも来て下さり、ファッションのコメントをいただきました。


CONCEPT & PROFILE

関 修 ポートレイト関 修 ポートレイト

Concept
批判=批評(critique)文化の確立

このHPは様々な事柄に関して、「批評=批判」を実践し、それをどう文化一般に繋げていくかに向けて発信して行きたいと思います。

Profile
関 修(せき おさむ)

フランス現代思想、文化論。(主にセクシュアリティ精神分析理論/ポピュラーカルチャースタディ)
現在、明治大学法学部非常勤講師。
2014年、明治大学で行われた「嵐のPVを見るだけの授業」が話題となった。
夕刊紙 日刊ゲンダイのコメンテーターでもある。


RWA(リーファーワイン協会)

リーファーワイン協会ロゴリーファーワイン協会ロゴ

協会HP連載『美食批評への誘い』

「美食批評」と訳したクリティーク・ガストロノミックですが、クリティークとは何より「批判」という意味です。批判には、誤りや欠点を指摘して正すことと同時に、物事の基盤を原理的に研究し、その成立条件を問うといった意味があります・・・


 関修と「東洋医学」

東洋医学イメージ東洋医学イメージ

関は1990年、

大学院修了と同時に教え始めた中に、千葉県にある(現在は幕張新都心)関東鍼灸専門学校での心理学(当初は哲学も)の講義があり、現在に至っています。
そこで東洋医学にも造詣があり、今年、学術雑誌に鍼灸医学史に関する著書の書評を依頼されました。著者は明治大学で関の同僚の角屋明彦氏です。
この夏、東洋文庫アカデミアで、角谷氏の夏期講座が開かれます。
2019年6月23日〜2019年7月14日 毎週日曜日2限

 

 

Supporters

 
双羊社へリンク
「伝える」空間デザインで、ご要望に最高のパフォーマンスでお応えします。
 BISTRO PARTAGER
今流行りの裏渋・神泉あるシャルキュトリーが自慢の、小さなビストロです。
RWAロゴ
リーファーワインそれは美味しいワインの合言葉! 品質への自信の表明です。
クロップスワークスデザイン_ロゴ
リニューアル・メンテナンスなどホームページの「困った」をサポートします。
ランタンポレル バナー
南青山の路地裏に佇む、料理とワインの絶妙なハーモニーに思わず時を忘れてしまう店。
代々木上原駅近くの小さなビストロ「ロカヴォール」まるでパリにいるかのような錯覚。